執筆者別記事検索(み)

み

執筆者 記事名
溝口康麿 ゴン クールの歌麿論 2号/昭和38年(1963)
絵本物見 岡の異版本について(*鳥居清長の版本) 9号/昭和40年(1965)
ゴンクー ルの北斎伝を読んで 10号/昭和40年(1965)
ゴンクー ルについて 10号/昭和40年(1965)
図版解説 広重画 近江八景 14号/昭和42年(1967)
清長画 江戸鹿子八幡宮御祭礼 図解 15号/昭和42年(1967)
海外にさ まよう広重の甲州旅日記 16号/昭和42年(1967)
写楽画 口上絵の主は誰か 17号/昭和43年(1968)
広重 と西洋芸術との交流 18号/昭和43年(1968)
主なる広 重の文献 18号/昭和43年(1968)
英文抄訳 鳥居の謎 19号/昭和44年(1969)
フェドー ル・ジベート氏の収集品 19号/昭和44年(1969)
清長画 飛鳥山の花見 20号/昭和44年(1969)
ロス アンゼルスに於ける浮世絵版画傑作展目録について 22号/昭和44年(1969)
琉球八景 29号/昭和46年(1971)
清長研究 覚え書−その謎とされる問題点を中心として− 37号/昭和48年(1973)
私の浮世 絵研究ノートから (*鳥居派の系譜) 44号/昭和50年(1975)
三井高陽 私の春信 コレクション 26号/昭和45年(1970)
広重 の絵封筒 27号/昭和45年(1970)
銅板師 玄々堂 31号/昭和46年(1971)
国利の錦 絵は広重の改作 48号/昭和51年(1976)
高橋 先生を偲びて 72号/昭和57年(1982)
C.H.ミッチェル 〔対談〕 浮世絵趣味者の動向 1号/昭和37年(1962)
書評 日本画家の魅惑の世界(日本美術工芸協会編) 42号/昭和49年(1974)
南和男 嘉永期の 浮世絵と江戸の評判 36号/昭和48年(1973)
宮尾しげを 芳年の画 印 1号/昭和37年(1962)
河名草の 序文 2号/昭和38年(1963)
復刻「絵 本河名草」(西川祐信画) 2号/昭和38年(1963)
浮世絵の 絵本 3号/昭和38年(1963)
近代への 橋渡し・幕末より明治への浮世絵師略伝 3号/昭和38年(1963)
昔の一枚 摺物(*十六むさしぼう) 5号/昭和39年(1964)
復刻「絵 本河名草」 5号/昭和39年(1964)
図録メモ 私考(*歌麿名作展(4月)白木屋、図録 6号/昭和39年(1964)
岡場 所浮世絵 8号/昭和39年(1964)
笑話の浮 世絵 9号/昭和40年(1965)
図版 解説 茶屋の一隅 松屋耳鳥斎画 14号/昭和42年(1967)
江戸時代 の粋 18号/昭和43年(1968)
江戸百景 18号/昭和43年(1968)
若井 おやぢの博覧会随行 40号/昭和49年(1974)
新資料 国芳画の「頼光土蜘に悩む」一件 57号/昭和53年(1978)
深川十万 坪大鷲のこと (広重・名所江戸百景から) 65号/昭和55年(1980)
宮尾與男 絵本番付 の研究ノート −政演と春英− 88号/昭和62年(1987)
宮崎哲夫 先生 の「欲」 72号/昭和57年(1982)
宮崎哲欧 浮世絵木 版画彫摺技術の“重要民族文化財選定保存技術”の指定 56号/昭和53年(1978)
宮仲串助 歌麿の筆 禍事件 8号/昭和39年(1964)