執筆者別記事検索(た)

た

(2013)
執筆者 記事名
高尾千恵子 父 私に向けられた無償の愛 141号/平成13年(2000)
高木惠子 研究 発表要旨 三、歌麿作品の一考察 128号/平成10年(1998)
高木省治 昭和初期 の木版摺業界(上) 65号/昭和55年(1980)
昭和初期 の木版摺業界(中) 68号/昭和56年(1981)
昭和初期 の木版摺業界(下) 70号/昭和56年(1981)
高杉志緒 丹羽桃渓 研究序論 145号/平成15年(2002)
高野征子 美術館紹 介 上方浮世絵館 146号/平成15年(2003)
高橋章則 『狂歌仮名手本忠臣蔵』と広重 160号/平成22年(2010)
高橋誠一郎 可哀そう な歌麿 2号/昭和38年(1963)
歌麿号に よせて 6号/昭和39年(1964)
広重特輯 号について 18号/昭和43年(1968)
浮世絵の 国外流出とその相場 (*『浮世絵と経済学』抜粋) 20号/昭和44年(1969)
橋口五葉 に寄す 23号/昭和45年(1970)
広重につ いて 24号/昭和45年(1970)
春信の女 26号/昭和45年(1970)
浮世絵江 戸美人展に寄せて(於渋谷東急本店) 28号/昭和46年(1971)
高橋則子 絵本番付 『鏡池佛曽我』について (*翻刻を含む) 105号/平成4年(1992)
黒本・青 本・黄表紙と似顔絵 114号/平成7年(1995)
第一回 国際浮世絵大会報告 123号/平成9年(1997)
図版 解説 鳥居清倍「女非人敵討 瀬川菊次郎 大でけ 市山伝五郎」 123号/平成9年(1997)
新刊 紹介 高橋雅夫著『化粧ものがたり 赤・白・黒の世界』 125号/平成9年(1997)
図版解説 三代歌川豊国(「都鳥廓白波」など) 128号/平成10年(1998)
高橋博信 浮世絵は 後期に在り(一) 92号/昭和63年(1988)
浮世絵は 後期に在り(二) 93号/昭和63年(1988)
浮世絵は 後期に在り(三) 94号/昭和63年(1988)
高橋雅夫 広重に見 る“いき”について 18号/昭和43年(1968)
高見沢忠雄 太田 清蔵氏のグリンプス 56号/昭和53年(1978)
敬慕する 高橋誠一郎先生 73号/昭和57年(1982)
瀧澤優綾 研究 発表要旨 一、習作期の春信 124号/平成9年(1997)
習作期の 春信−役者絵作品を中心に 127号/平成10年(1998)
武井協三 作品研究 歌舞伎・浄瑠璃の絵画資料二題 166号/平成25年(2013)
竹内誠 メディア 文化としての浮世絵 140号/平成13年(2000)
追悼 太田幹二さんを悼む 164号/平成24年(2012)
武田鐵太郎 広重の 「参宮道」について 78号/昭和58年(1983)
広重の有 田屋板東海道 89号/昭和62年(1987)
広重の山 田屋板山海見立相撲について 93号/昭和63年(1988)
広重の山 口板張交絵「東海道五十三次図会」について 99号/平成2年(1990)
竹中健司 技術紹介 木版における合羽摺り技法(1) 152号/平成18年(2006)
竹原明理 今治市大三島美術館の浮世絵コレクションについて 166号/平成25年(2013)
竹本幹夫 「大坂歌 舞伎展」について 150号/平成17年(2005)
田沢裕賀 < 展覧会案内> 麻布美術館蔵 肉筆浮世絵名品展 94号/昭和63年(1988)
多田光治 酒井さん の思い出 111号/平成6年(1994)
立花義彰 展覧会だ より 静岡の創作版画−昭和・戦前 版画家達の青春 103号/平成4年(1992)
田中達也 紅嫌い技 法及び同様式の肉筆画法について 80号/昭和59年(1984)
作品解説 堀河夜討図・達磨図 82号/昭和59年(1984)
紅嫌い技 法及び同様式の肉筆画法について・補遺 83号/昭和60年(1985)
展覧会案 内 麻布美術館「肉筆浮世絵 浮絵と柱絵展」 85号/昭和60年(1985)
窪俊満筆 遊女と禿図 86号/昭和61年(1986)
作画期か ら遡及する加賛期の問題−ある文人の遊び− 103号/平成4年(1992)
窪俊満の 研究(一) 107号/平成5年(1993)
図版解説 窪俊満筆「七草を囃す美人図」「二見ヶ浦日の出図」 107号/平成5年(1993)
窪俊満の 研究(二) 108号/平成5年(1993)
窪俊満の 研究(三) (*作品略目録・年譜1857〜1919) 109号/平成5年(1993)
窪俊 満の研究 補正 110号/平成6年(1994)
田中晴子 図版解説 歌川国芳「道外見ぶりけん」・「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」・歌川国貞「新撰早替り地紙」 147号/平成16年(2004)
図版解説 国芳 「鏡面シリーズ 猫と遊ぶ娘」 149号/平成17年(2005)
田中路人 東ドイツ 浮世絵展 27号/昭和45年(1970)
棚橋正博 式亭 三馬・為永春水と似顔絵−五代目路考と『明鳥後正夢』− 112号/平成6年(1994)
田辺昌子 美術館紹 介 浮世絵との深い縁−千葉市美術館 125号/平成9年(1997)
春信版画 の版行と普及 148号/平成16年(2004)
国際浮世 絵学会大会 第九回 国際浮世絵学会大会 報告 154号/平成19年(2007)
国際浮世 絵学会 第十回大会報告 156号/平成20年(2008)
口絵解説 「江の島詣」鳥居清長筆157号/平成21年(2009)
国際浮世 絵学会 第十一回大会報告 158号/平成21年(2009)
国際浮世絵学会 第十二回大会報告 160号/平成22年(2010)
新刊紹介 山本ゆかり著『上方風俗画の研究』 161号/平成23年(2011)
高津屋伊助と鳥居清長−錦絵の黄金時代を先導した版元と絵師 163号/平成24年(2012)
国際浮世絵学会 第十六回国際浮世絵学会春季大会報告 168号/平成26年(2014)
国際浮世絵学会 第十七回国際浮世絵学会春季大会報告 170号/平成27年(2015)
研究ノート 銚子市 浄国寺蔵 河原道樹・西村重長筆「海上郡浄国寺事実」 172号/平成28年(2016)
展覧会後記 千葉市美術館「初期浮世絵展 - 版の力・筆の力 - 」展を終えて 172号/平成28年(2016)
国際浮世絵学会 第十八回 国際浮世絵学会春期大会 報告 172号/平成28年(2016)
谷田有史 図版 解説 歌川豊国画「初代尾上栄三郎の桜丸」 112号/平成6年(1994)
美術館紹 介 たばこと塩の博物館所蔵の絵画資料について 123号/平成9年(1997)
役者 絵に描かれたたばこ屋について 124号/平成9年(1997)
図版解説 青楼見立七福神 145号/平成15年(2002)
玉井洋子 図版 解説 歌川豊国「小萩 澤むら田之助」 123号/平成9年(1997)
團夕紀子 元禄から 享保期上方一枚摺絵尽しについて−上方役者絵成立前史の一端− 150号/平成17年(2005)
段木一行 太田 記念美術館に期待すること 56号/昭和53年(1978)
丹波恒夫 対談 浮世絵趣味者の動向 1号/昭和37年(1962)